約2年で+200万円達成☆ポートフォリオ公開中
 

実際に喜ばれた、ドイツのばらまき土産は?職場や友達に人気のお菓子やコスメをご紹介!

けん兄
けん兄

今回は、ドイツのばらまき土産で実際に喜ばれた商品を紹介するワン

ゆとり
ゆとり

何を買うかメモするピヨ

① HARIBO(ハリボ)

日本でも認知度の高いグミ、HARIBO(ハリボ)

実は、ドイツが本場なんですね!

HARIBO(ハリボ)はドイツが本場だと知っている人もそこそこいるので、旅行先を告げずにこちらを渡しても、「ドイツに行ってきたんだね!」と言ってくれる人もいるでしょう。

また、こちらの写真をよーく注目してみてください!!

袋を開けると・・・

ミニHARIBO(ハリボ)がたくさん出てきました(^^)

こちらは全部で11個ありましたが、別の袋では12個と少しばらつきがあるようです。

ミニHARIBO(ハリボ)を職場に持って行った時には「かわいい〜♡」「こんな小さいのがあるんだ!」と皆さん喜んでくれました(^^)

ちなみに、小分けになっている上記パックの場合、ドイツのドラッグストアで有名な「Müller(ミュラー)」で購入した時の価格は、1.69ユーロ(1ユーロ=130円の場合220円)と破格の値段です。

日本では倍近くの値段で販売されているため、日本で頻繁に購入する人は多くはないと思いますが、ドイツのばらまき土産にはぴったりですね♪

また、種類も豊富です。

定番のゴールドベアや、コーラ味、各種フルーツ味など品揃えが多く、Müllerでも10種類以上は置いてありました。

無難なものにしたり、日本ではあまり見かけない珍しい味にしたり、渡す人によって種類を選べるのもちょっとした楽しみですね(^^)


② チョコレート

ドイツは年間1人あたりのチョコレート消費量が世界2位で、チョコレートは国民的な食べ物と言えるぐらいよく食べられています。

そのため、非常に種類が豊富で多くの店で様々なチョコレートを見る機会があるでしょう。

けん兄
けん兄

ここからは、おすすめのチョコレートを紹介するワン

Asbach(アスバッハ)

上の写真は、私が実際に買ったチョコレートです。リューデスハイムのお土産屋で購入しました。

ライン川のりんご(?)を使って作ったブランデーが中に入っており、とても美味しかったです(^^)

こちらは赤と青の2種類があり、赤はミルクチョコレート(写真)、青はビターチョコレートになります。

このチョコレートはご当地土産ですが、スーパーマーケットでも沢山のチョコレートが売られています。

下のチョコレートはスーパーマーケットで購入できます。

Milka(ミルカ)

こちらは、紫色のパッケージが印象的なドイツで人気No.1のチョコレートです。

ミルクがたっぷりと入っており、優しい味わいです。

味の種類が多く、スーパーのお菓子棚が紫色一色になっていることもありますよ♪

ドイツで1番有名なチョコレートを買いたい方は、こちらを選ぶと良いでしょう。

Feodora(フェオドーラ)

ドイツのプロイセンの女帝の妹FEODORAの名前とサインが入ったチョコレート。高級感があり、カカオの深みを存分に味わうことができます。

merci(メルシー)

コストパフォーマンスに優れたチョコレート。

1箱20個、36個、54個入りのパックの他に、袋詰めのもの、板チョコなど、形状を色々選べます。

とにかく量重視の方は、こちらがおすすめです。

RITTER SPORT(リッタースポーツ)

こちらも、小包装になっています。

味も、ナッツやストロベリーヨーグルトといった定番のものから、ビスケットやコーンフレークといった一風変わったものまで入っています。

渡す相手によって変えられるのも嬉しいですね。


③ ポストカード

年配の方におすすめなのが、ポストカード。

スマホやパソコンなどの画像よりも、写真の方が見慣れているため、大変喜ばれます(^^)

ポストカードは1枚100円未満と価格も非常に安く、綺麗な写真が簡単に手に入ります。

ちなみに、観光名所で販売されているものは割高傾向にあるので、お土産はスーパーマーケットやドラッグストアで買うのがおすすめです。

ただし、スーパーなどには全ての種類が揃っているわけではないので、気に入ったものがあれば、その場で買った方が良いでしょう。

    

④オーガニックコスメ

https://german-drugstore.com/

ドイツのお土産と言えば、ソーセージやビールを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はオーガニックコスメも非常に有名です。

ドイツのドラッグストアにはオーガニックコスメが多く出回っているため、低価格で高品質の商品を手頃に手に入れることができます。

例えば、こちらのKamil(カミール)のハンドクリームは、なんと150円〜200円ほどで購入可能です。

品質が良く、価格も安い。ばらまき土産にぴったりですね♪


⑤クノール

クノールは、日本のスーパーでもよく目にしますが、ドイツでも販売されています。

ドイツでは日本以上にクノールが愛されており、1つの棚には全てクノール商品が並べられている、なんてことは珍しくありません。

それもそのはず。クノールの発祥地はドイツなのです。

1838年にドイツ南西部のハイブロンで創業を始め、1964年にようやく日本でクノールスープが販売を開始したそうです。

ドイツ料理で気に入ったものがあれば、同じものがクノール商品にないか探してみると良いですよ♪

ドイツ料理が手軽に食べられることもあり、お土産にも大人気です。


まとめ

いかがでしたか?

ドイツには他にも魅力的なお土産がたくさんあります。

実際に訪れてみて、素敵な商品を探してみてください(^^)


けん兄
けん兄

予め考えておくと、旅行先で考える必要がなくて楽だワン

ゆとり
ゆとり

職場に配るのはハリボ、友達にはコスメ、親にはポストカードにするピヨ

〈関連記事〉
ドイツでおすすめのポケットWi-Fiの値段や口コミを徹底比較! 知らないと損するドイツのホテル事情 ドイツのスーパーマーケットは必ず行くべき?!その理由と注意点は?