約2年で+200万円達成☆ポートフォリオ公開中
 

シンガポール旅行の持ち物・必需品チェックリストおすすめ21選!

ゆとり
ゆとり

シンガポール旅行は決まったけど、何を持っていけば良いピヨ?

けん兄
けん兄

ボクがシンガポールに行った時に、持って行ってよかったものを紹介するワン

(1)海外コンセント変換プラグ

海外に行ったことのある方は分かるかと思いますが、海外のコンセントは国によって形状が異なります。

同様に、シンガポールのコンセントも、日本のコンセントとは形状が異なります。

そのため、海外に行く際には必ずコンセント変換プラグを持っていくようにしましょう。

商品を選ぶ時のポイントは、様々な形状のプラグに対応できるものを選ぶと良いでしょう

そうすることで、シンガポールのみならず、ヨーロッパなど多くの国で安心して使うことができます。

〈おすすめ商品〉

  

(2)ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiは海外でインターネットを利用できるようにする小型の通信機器です。

日本でインターネットを使う時にドコモやソフトバンクの通信電波を利用するように、外国では外国の通信電波を利用しないといけません。

それを可能にするのが、ポケットWi-Fiです。

ポケットWi-Fiの有名レンタル店舗はWi-Ho!、イモトのWi-Fi、グローバルWi-Fiの3つになります。

イモトのWi-FiはCMで紹介されていることから認知度は一番です。

ちなみに、私は「Wi-Ho!」で契約しました。

外国に行く時はいつも利用料がお得なWi-Ho!にしていますが、シンガポールでも快適に利用できました。詳しくはこちら

〈イモトのWi-Fiで探す〉

〈グローバルWi-Fiで探す〉

〈Wi-Ho!で探す〉

  

(3)モバイルバッテリー

異国の地では、地図アプリの使用や写真撮影が増えるため、スマホ利用が多くなります。

そのため、モバイルバッテリーは必須アイテムです。

モバイルバッテリーを選ぶ際は、軽量で、スマホのフル充電を3~4回できる10000mAh容量が特にオススメです。

〈おすすめ商品〉

  

(4)上着

シンガポールでは年中、上着が必要になります

なぜなら、夏場でも、外は暑くても建物内は冷房がガンガンと効いており、かなり涼しいからです。

私たち日本人より一回りや二回りも身体の大きい方がたくさんいるので、自然と冷房の設定温度も低くなっているのでしょう。

そのため、多くの日本人は「半袖短パンでは寒い」と感じます。

上着は必ず持っていくようにしましょう。

  

(5)折りたたみ傘

シンガポールでは一年中、傘が手放せません。

なぜなら、11月から2月の雨季は雨が多く、3月から10月の乾季であっても1~2時間のスコールが頻繁に起こるためです。

いつ雨が降っても良いように、持ち歩き用バッグにも入るコンパクトな傘を忘れずに持っていきましょう!

〈関連記事〉
【基本情報】シンガポールの年間気温や服装は?ベストシーズンはいつ?

  

(6)水着セット

プールに入る予定がある方は用意しておきましょう。

特に、ホテルのプールに入りたい方や、セントーサ島にある「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク」で遊ぶ場合には必須です。

バスタオルは、現地でレンタルするか、持参するかの二択になります。

持参する場合は軽量で吸水性に優れているものが良いですね。

〈おすすめ商品〉

  

(7)虫除けスプレー

シンガポールは、1年中高温多湿なので、ジカ熱やデング熱が発生しやすい国です。

これらに感染すると、発熱や発疹の他に皮下出血や目の痛みなどの症状が出ます。

妊婦の場合は胎児に影響を及ぼす原因にもなると言われています。

そのため、虫除けスプレーを忘れずに待って行きましょう。

こちらは、私のお気に入りの液体タイプの虫除けスプレーです。

偶然、この虫除けスプレーを使っていた時に大きめの蚊に遭遇したので、ワンプッシュ吹き付けたところ、1発で蚊が動かなくなったことから愛用しています。

臭いは、スプレーした肌に鼻を近づけるとツーンと感じますが、ほとんど臭くもなく、ベタつかないので気に入っています。

虫除け効果の高い「ディート」と呼ばれる成分が入っているのと、保湿成分「ヒアルロン酸」が配合されているのも嬉しいです。

〈おすすめ商品〉

〈関連記事〉
【基本情報】シンガポールの年間気温や服装は?ベストシーズンはいつ?

  

(8)帽子

日差しが強いシンガポールでは、帽子は欠かせません。

強い日差しを浴び続けると、熱中症や体調不良の原因になります。

「帽子はあまり被りたくない!」「帽子にできるだけお金をかけたくない!」という方は、こちらのシンプルなキャップはいかがでしょうか?

値段が手頃な割に、通気性が良く、UVカットもされます。

〈おすすめ商品〉

  

(9)サングラス

シンガポールでは、6月から8月にかけて日差しが特に強いです。

サングラスをすることで強烈な紫外線から目を守ることができます。

しかし、サングラスの選び方には注意が必要です。

「色が濃いものを選べば良い」という考え方は危険です。

なぜなら、

色が濃いサングラス=紫外線カット率が高い

とは限らないからです。

また、色の濃いサングラスをかけると、目は暗いと判断し、瞳孔を開いてより多くの光を吸収しようとします。

そのため、

紫外線カット機能がない、色の濃いサングラスをかけた場合は、サングラスをかけなかった場合よりも多くの紫外線を吸収することになるのです。

したがって、サングラスを選ぶ時には、紫外線カット機能があるものを選ぶようにしましょう。

〈女性におすすめの商品〉

〈男性におすすめの商品〉

  

(10)日焼け止め

日焼け止めも忘れないようにしましょう。

「絶対に焼きたくない」「美肌は譲りたくない」方には、アネッサの日焼け止めがオススメです。

「アネッサ」は、スキンケア成分が50%入っており、水や汗に触れるとUVブロック膜が強くなるアクアブースター技術があるのが特徴です。

また、白浮きせず、ベタつきもありません。

石鹸でするりと落ちるのも嬉しいです。

日焼け止めの中では少し高い方ですが、美肌を目指す方には「アネッサ」は外せません。

ゆとり
ゆとり

「アネッサ」はゆとりが愛用している日焼け止め♪

〈おすすめ商品〉

  

(11)塩分チャージ

汗で体内の塩分はなくなっていきます。

塩分チャージも用意しておきましよう!

〈おすすめ商品〉

  

(12)歯ブラシセット

歯ブラシ・歯磨き粉が用意されていないホテルも多いので、予め用意しておきましょう。

歯磨き粉は旅行用の小さいものが良いです。

口のネバつき浄化や口臭・歯肉炎の予防ができる「ピュオーラ」がおすすめです。

〈おすすめ商品〉

  

(13)洗顔セット・シャンプーやリンスなど

ホテルによっては、ボディソープとシャンプーが兼用で置いてあります。

気になる方は、シャンプーやリンス等を持って行くと安心ですね!

洗顔セットも忘れずに。

  

(14)ウェットティッシュ

シンガポールのレストランでは、ウエットティッシュがないことが多いです。

料理もソース系や骨付きお肉など手を拭きたいものが多いので、ウエットティッシュも持ち歩きましょう!

2、3人で旅行する場合は、枚数が少ないものを何セットか買っておくと、持ち歩きの際にかさばらないのでオススメです。

また、小さなお子様連れの方は、枚数が多く、口元もふけるものが安心です。

〈2、3人で旅行する方におすすめ商品〉

〈小さなお子様連れの方におすすめ商品〉

  

(15)自撮り棒

みなさんは、自撮り棒を使ったことがありますか?

使ったことがある方は分かると思いますが、

自撮り棒のメリットは

①撮影してもらう人がいなくても写真が撮れる

②自撮り棒なしより顔や背景の景色が良く映る

主にこの2点です。

自撮り棒があると写真の質が大きく向上するため、用意することをオススメします!

〈おすすめ商品〉

  

(16)広角レンズ

広角カメラを使うと、通常よりも広範囲を撮影できます。

使い方はシンプルで、広角レンズをスマホのレンズに取り付けるだけです。

景色全体を撮りたい時や大きな建物を写す時、集合写真をみんなで撮りたい時に便利です。

シンガポールフライヤーやマリーナベイサンズ は、近くから写真を撮ろうとすると「全部入らない…」となりますので、ぜひ広角カメラを持っていきましょう。

また、広角カメラと自撮り棒をダブルで使うと景色全体を背景に写しながら、自撮り写真が撮れるようになります!

写真撮影を楽しみたい方は2つセットで用意しておくのも良いでしょう。

〈おすすめ商品〉

  

(17)ネックピロー

長時間飛行機に乗っていると、首が痛くなりませんか?

そのような方におすすめなのが「ネックピロー」です。

私も飛行機ではいつも愛用しています(^^)

ネックピローは世の中にたくさん出回っていますが、選び方のポイントは、

①使い勝手が良い

②持ち運びに便利

③洗える

以上の3点をおさえると良いでしょう。

私が使っていた某100円ショップのネックピローは、安くて持ち運びに便利なのは良いのですが、

・膨らましすぎると首が締まって苦しい

・口で膨らますのが大変

・洗えない

となかなか不便でした。

より快適に過ごすためには、ある程度の値段のネックピローを買うことをおすすめします(笑)

けん兄
けん兄

飛行機の中で快適に過ごすには、ネックピローは外せないワン

↓通販で大人気のネックピローはこちら!

〈おすすめ商品〉

  

(18)耳栓

こちらも飛行機に乗っている時や、ホテルで宿泊時に眠れない時におすすめ。

リラックスしたい時に「周りの声がうるさい」「隣部屋の人の声が聞こえて眠れない」という方も多いはず。

特に、長時間それが続くと、次の日の旅行中に疲れがきてしまいます。

そんな時におすすめなのが「耳栓」です。

耳栓さえあれば、そのストレスから多少は解放されます。

持ち運びにも邪魔にはならないので、用意しておくと安心です。

〈おすすめ商品〉

  

(19)サンダル

シンガポールは、1年を通して「夏」です。

サンダルを持っていくのを忘れないようにしましょう。

履き慣れたサンダルを持っていくことをオススメします。

  

(20)フォーマル〜セミフォーマルな服装

ホテル内や一定以上のレストランでは、Tシャツ+短パンなどのラフな格好では、入店できません。

格式高いホテルやレストランに行く予定のある方はドレスコードを確認して、適切な服装を1着は用意した方が良いでしょう。

  

(21)足の疲れ解消グッズ

観光スポットを回っていると足がかなり疲れます。

そんな時に役立つのが足の疲れ解消グッズ

夜に使用すると、翌日には足の疲れがだいぶ取れて快適です(^^)

〈おすすめ商品〉

⑴手軽に疲れを解消できる!『休息時間』

⑵むくんだ足の集中ケアをしたい方に!
『ムクミキュア』

⑶肩や腰などにも貼れる!しっかり効果を得られるテープ剤『フェルビナク』

《まとめ》

以上、快適な旅行にするために持っていくと良い物をリストアップしました。

余計なストレスを感じることもなくなるので、不足している物については旅行前に準備をしておくようにしましょう!

ゆとり
ゆとり

これを見ながら、旅行の準備をするピヨ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です